スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫治療20週目・抗がん剤とフィラリア検査

なんだか一週間が早い気がします。
松本楼でランチしたのがつい昨日のことのようなのに、もう病院の日がきちゃいました。

いつもまず採血の為に、抱っこされて奥に連れていかれます。

「じゃあ、こなつちゃんお預かりしますね」
「よろしくお願いしまーす♪」

この時、こなつは何を思っているのかな。
じたばたひとつしないけど、でも泣きたい気持ちになっていないかな。

昔、フィラリア検査のための採血ですら、キャーッと悲鳴をあげたこなつが、毎週毎週胸元からの採血に我慢をしているのです。

その後の抗がん剤注射の時も、鳴き声ひとつ聞こえてこないので、おとなしく先生達の言うことを聞いているんだろうな。

あのワガママ大王のこなつなのに。偉いね、こなちゃん。


120409-2

赤血球(正常値 550-850)   433(前回451)
白血球(正常値5500-16900)4500(前回7400)
顆粒球数※好中球(正常値3000-16300)3600(前回7000)

BUN(正常値9.2-29.2)27.9(前回32.9)
ALT(正常値17-78)     93(前回119)
ALP(正常値47-254)  3498(前回3500オーバー)


白血球数は正常値よりも少ないものの、好中球が正常範囲内。
わたしとしては、今回パスしちゃってもいいかなという気持ちもあったのですが、先生は今、効果の高いうちに抗がん剤を入れて癌細胞を叩きましょうということで、それにも納得して、抗がん剤ビンクリスチンを打ちました。

治療開始から11回目の抗がん剤、ビンクリスチンは9回目になります。

白血球が下がるのは心配だけど、いい方に考えれば、まだビンクリスチンに耐性ができていないということですよね。
腎臓肝臓の数値も少しずつ改善したし、 顎下コリコリ以外腫れもないし、こなつは大丈夫。絶対大丈夫。


今回、血液検査の時に、フィラリア検査も一緒にしてもらって、無事陰性でした。

お金の話をするのもなんですが、フィラリア検査代がプラス2500円。
1500円くらいかと見積もっていたのですが、軽々と飛び越えていきましたね(汗)
どうやら今通っている病院は、よそのブログなどで書かれている治療費と比べてみると、かなーりお高めのようです。

今回のお会計内訳。

診察料 1,000円
血液検査(セット) 1,500円
生化学検査腫瘍パネル 4,500円
静脈確保 3,000円
抗がん剤ビンクリスチン 10,000円
抗がん剤シクロフォスファミド4日分 4,000円
フィラリアセット検査 2,500円
消炎剤内服7日分 700円
胃腸科内服7日分 1,050円
肝臓病内服7日分 700円
肝臓保護薬7日分 2,520円
消費税 1,570円
 
締めて合計、33,040円!

地元の病院に通っていた頃に比べると、同じ抗がん剤使用でも1万は高いです。
腫瘍認定医Ⅰの先生に診てもらっている安心料に、世田谷価格ですかねー。
こなつの為なら、プ、、、プライスレス。

と言いつつ、フィラリア薬も高いと予想されるので、、、これだけは地元の病院に行こうかな~^^;


あ、今気がついたけど、今回尿検査もしたのに、その検査代1500円が入ってない。
請求漏れか、それともまさかのサービス?

うん、きっとサービス、サービス。ありがたく黙っておこう~。


120409-1

今日の写真は、昨日の午後に行った、毎年恒例近所の公園での桜PHOTO。
もうちょっとあるので次回に続きます^^

   にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。