スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫治療19週目・とうとう副作用?

日曜日は、毎度の病院通いです。


120402-1

先週、白血球が下がって抗がん剤をパスしましたが、今回は無事正常値内に戻ってくれました。
よって、ビンクリスチン0.5mgをプチッと注射。
シクロフォスファミドは1日1回4日分も今までどおり。

顎下のコリコリは変わらず、です。
先生が触りながら「前よりも柔らかくなったかな~」と嬉しいことをつぶやいていました。
よしよし、やっぱりリンパ腫の腫れじゃないもんね。

病院後は日比谷公園の松本楼でランチにつきあってもらい、公園内をちょっぴり散歩して帰ってきました。

桜が開花し始めて、テラス席が気持ちいい季節になりましたね。
今週末は桜を見に行けるかな。
その為にも、今回も副作用が出なければいいなと願わずにいられません。

そうそう、下痢嘔吐、だるさや食欲不振など、目立った副作用とは無縁でいられたこの4ヶ月間。
一度も食欲が落ちたことがないってのは、こなつの執念ですかね。

でも、気がつきました、副作用。


毛が伸びない!


120402-2

パットの裏の毛を切ったのがいつだったか思い出せないほど昔なのに、ほら、きれいなまま。
これも副作用の一種ですかね。
わー楽ー♪なんて思ってしまう、鬼飼い主。いけないいけない。

あと、ヒゲが一部抜けました。
まだ数本残っているけれど、これから全部抜けちゃうのかな。

モデルのお仕事のときはヒゲを切ってくるように言われるから、これも願ったり叶ったり・・・と思う鬼マネージャーであります。


・・・なんて、手放しで喜んでるわけないですよ。

ドキソルビシンを打つときに剃った腕の毛が、いっこうに伸びてこなくて、ジョリジョリのままな皮膚を触るたび、ごめんね、がんばってくれてありがとね、と切ない気持になります。

一見地味な副作用だけど、抗がん剤がじわじわとこなつの身体を蝕んでいるのだとしたら、恐ろしいことです。。。





今朝、同じ悪性リンパ腫の先輩ワンコももちゃんが、旅立ちました。

こなつが悪性リンパ腫と宣告され、ネットを駆け巡って情報を集めたときに、こぎママさんのブログに出会いました。
ももちゃんの闘病の様子が詳しく、そしてこぎママさんの強い気持ちが綴られていて、何度も何度も読ませていただき、ふたりの諦めない闘いに励まされました。

危険な状態を脱して、食欲も出てきたし元気な様子にホッとしたところに飛び込んできた訃報・・・同じ病気で闘ってきた先輩ワンコの死は衝撃が大きすぎます。
でも、ももちゃんは最後までおいしいものを食べられて、最後は自分から甘えるようにこぎママさんと枕を並べて、そして安心して旅立っていったと。

ももちゃん、1年以上に及ぶ闘病、がんばったね。
最後まで諦めなかったこぎママさん、本当にお疲れ様でした。
こぎママさんからわたしは闘う姿勢を学んだと思っています。

心からももちゃんのご冥福をお祈りいたします。


   にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。