スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護犬マルちゃん(4)-事件発生-

保護してからそろそろ2週間、マルチーズのマルちゃんは元気にしてます

091118-1

ご飯も好き嫌いなくなんでもペロリとたいらげて、でも足りないらしくて勝手に「オテ」「オカワリ」を繰り返します。
きっとこれをやると飼い主さんが「いいこだね~」って誉めてオヤツくれたんだろうなぁ。
それに、すごくアイコンタクトもとる子なのです。
そうやって飼い主さんといっぱいコミュニケーションとってたんだね。。。と、マルちゃんの前の生活が偲ばれて、ちょっと切なくなってしまいます。

マルちゃんも家に帰りたいって思ってるでしょうね。
たとえ捨てられたのだとしても、マルちゃんはそんな風に思ってないのだろうし…。

今は放浪生活の疲れも癒えて、周りの状況が見えてきて、「なんであたしをお家に帰してくれないのー」って苛立ちはじめた頃かな。


ところで。

こてつがマルちゃんの存在を許しました。
相手が女の子だからか?敬老精神がめばえたか?
意外なくらいあっさり受け入れてくれたのです。

091118-2
2階のマル部屋に行って、みんなでオヤツのお芋を待っているところ。

鬼軍曹の許可さえおりれば、もう安心だー。


・・・と、思っていたのですが・・・、まさかこの後にあんな惨劇が待っていようとは・・・


091118-3
オヤツタイム後、遊びはじめるこてこな。
こてこなは「終わり~」と言うと、遊びだったりオヤツだったりの時間が終わったことを理解するのですが、まだわが家の言葉が分からないマルちゃんはいつまでもオヤツおねだりでわたしをストーキング。
とにかく食いしん坊なのです。
このときすでにイラついていたのかもしれません。


091118-4
一か所に3ワンが集まって、一見、仲睦まじく見える光景。

そう思ってわたしものんきに写真を撮っていたのですが、なんと、この後突然マルちゃんが「ギャギャッ」と攻撃をしかけたのです。

しかも、よりにもよって、赤い悪魔こてつに!!

マルちゃん、一体なにをするの!命知らず?!

訳はわからないけど、売られたケンカはすぐ買ってしまうこてつ、瞬時に反撃。
あっという間に阿鼻叫喚の凄惨な現場となりましたが、馬乗りになっているこてつを慌てて引っ剥がしてどうにか騒ぎは終了。
こてつは引きずることなくすぐまたオモチャで遊び始めた一方、マルちゃんにとっては相当ショックだったみたいで、しばし固まってました。
あ、ケガはしてませんので安心してください。(こてつの手加減と信じたい)


女の子相手に暴力ふるったこてつが悪いけど、でもさ、マルちゃん、原因つくったのはあなたなのよー。
なんでこてつにケンカ売ったりしたの。


最初はよぼよぼのおばあちゃんワンコのイメージだったマルちゃんですが、最近トイレシーツをびりびりにしたり、柱を噛んだり、要求吠えしたりと、実は相当我の強い子なんじゃないかと思い始めていた矢先の事件でした。
まさかケンカを売る側になるとは・・・さて、どうしたものか。


そういえば、こなつは?


「こなの目撃証言いりましゅか?」
091118-5
証言も何も・・・騒ぎと同時にとっとと部屋の外まで逃げてました。
危機管理能力だけはすぐれてます。・・・たよりになんね~

ちなみに、矢印の先はマルちゃんがやった破壊活動のひとつ。
ほとんど歯がないのによくもやってくれました(--;

(camera:Nikon D80)

↓ランキング参加中。まだまだ打ち解けるのは難しそうな3ワンにポチッとよろしく☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。