スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐うどん巡り

旅行中の話はおいおい・・・と昨日書きましたが、今日会社に行ってみたら、うちの部で出社しているのは3人。しかもそのうちの一人だった部長は「人もいないしやること午前中で済んじゃったから、午後帰ります」と。ぶ、部長ー!?(((( ;゜Д゜))) 
・・・と、そんなゆる~い新年のスタートだったので、わたしものんびり旅行レポ書いてました(笑)

香川でのことは讃岐うどん編と観光編に分けて書きますデス。
まずは今回の旅の一番の目的、讃岐うどん編。

本場香川での讃岐うどん三昧は、ケンヤちゃんの希望です。
ほんとは去年の夏にetsu*ちゃん達と行くはずだったのですが、暑さで断念してしまったんですよね。
今年やり残したことは今年のうちに!ってことで、今回大晦日だってのに香川まで行ってしまった次第です。

一日で4軒のうどん屋をまわりました。
まず最初は「うどん本陣 山田家」さん。
開店直後に到着したにもかかわらず、駐車場には続々と車が入ってきてました。
有形登録文化財にも指定されている建物や庭園も立派で、老舗のメジャーどころらしい雰囲気ぷんぷんです。

注文したのは釜ぶっかけうどん。ネギ、大根おろし、すだち、天かす、ごまと薬味がいっぱいでなんだかワクワク。おいしくてすぐ食べちゃいました。
ごちそうさまです!


2軒目は、「三徳」さん。
ここも有名店らしく、雑然とした店内ですがお客さんが絶えることなかったです。
みんな年越しそばならぬ年越しうどんなんでしょか。

ここは山かけが人気らしいので、迷わず山かけぶっかけうどんを注文。
半セルフで自分で麺を茹で上げてネギを入れてる人もいましたが、山かけうどんは出来上がった状態で出てきちゃいました。なーんだ。うまく湯切り出来るかドキドキしたのになー。
讃岐うどんらしくコシがしっかりあって、山かけと一緒につるつるっと。
ごちそうさまでした!


3軒目は、金比羅さんの参道入り口でやたらと目に付く「中野うどん学校」に併設されている「うどん茶屋 てんてこ舞」にふらりと入店。
手塚治虫先生も来店したみたいで、アトムがうどんを食べてるイラスト入りの色紙が飾ってありました。
中野うどん学校ではうどん作りが1時間ほどで体験できて、無事終了すると卒業証書と麺棒をもらえるみたいです。
が、もちろんわたしらがそんな面倒なことはするわけなく、ただ食べるだけですけど(* ̄m ̄)

冷たい「温泉ぶっかけうどん」に、店員さんオススメのすだち酢をかけて食べましたが、すだち酢かけすぎたかな。
あと、温かいうどんにしておけばよかったかも、とちょっと後悔。あ、おいしいんですけどね。


3杯食べてもケンヤちゃんの讃岐うどんへの情熱は尽きず、4軒目「おか泉」に到着。

こじゃれた和風の店内でいただいたのは、わたしは釜上げうどんで、写真の天麩羅うどんはケンヤちゃんの注文。
どこも固い麺だったから、ここの麺のやわらかさに最初びっくりしちゃいました。

しかし、ラーメンのはしごは絶対無理だけど、うどんって4杯食べてもけっこう食べれちゃうものですね。
つるつるっとごちそうさま。

んが、飽きた( ̄  ̄)

ケンヤちゃんは、麺も自分で茹でてネギも畑から自分で取ってきて刻んで、、、っていうセルフのお店に行ってみたかったらしいですが、もうタイムアップです。


さて、4杯食べ終わっての感想は、


1軒目の「山田家」がいちばん良かった。

って、一日かけてそんな感想Σ( ̄□ ̄!)


あ、でも、本場讃岐で讃岐うどんが食べられたってことで満足です。
ね、ケンヤちゃん。これで思い残すことはないよね。

わたし達がうどん屋に行くたびに、車で留守番しててくれたこてこな、お疲れサマでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。