スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り露出計

古いカメラのペンタには、露出計がついてません。
なのでフィルムの箱に書いているF値とシャッタースピードの目安を切り取って、それをカメラ本体の底面にこっそり貼り付けて参考にしながら撮ってます。(かっこ悪し)
それでも「今は絞りいくつ?シャッタースピードは?」と聞くわたしがうっとうしかったようで、ケンヤちゃんがこさえてくれたのが、これ。

070524

手作り露出計です。
元々、1980年前後に㈱関研究所という会社から市販されていたセノガイドCという計算尺タイプの露出計の模倣版のようです。
作り方はこちらのサイトから。

今時のカメラは当然オートで撮影できるから、こんなレトロなものは不要でしょうが・・・(^_^;
あ、でもセノガイドCの本物は、プレミアがついてオークションでは高値で取引きされてるみたいですよ。

写真だとよく分からないと思いますが、3枚の円盤が重なっていて、季節、時間帯、天気、場所、距離やフィルム感度など、その時の条件に合わせていくと、最適な絞りとシャッタースピードの組み合せを教えてくれる、という単純だけど優れもの。
当然条件判断は主観によるので適当と言えば適当なんですが、試しにFM3Aの露出計と比べてみたら、ピッタリ合致!! いい仕事しまっせ~(;゜Д゜)


けど、撮りたい時にいちいちクルクル回すのは面倒だね、と言ったらば・・・。

朝、わたしの携帯にこの露出計がはさまってました。
なんで???と思ったら、

「これを持ち歩いてあらゆるシーンでシミュレーションすべし!!!」
「そして、勘を養うべし!!!」

という、ケンヤちゃんのありがた~い親心だったみたいです。

あぁ、そうなんだ。
カバンに突っ込んですっかりそのままだったよん( ̄▽ ̄;)
セノガイドCの使い方をマスターするのが面倒で、結局ケンヤちゃんに聞きながら撮りそうな予感。。。

犬ブログなのにまた写真ネタになっちゃったので、最後にこてつの写真をアプ(^∇^;)
070524-2
スポンサーサイト

コメント

手作りの露出計っすか。愛っすね(〃∇〃)
ウチの奥さんはごく最近Ariaの露出計の見方を知りました...
今までは『感』だそーです(笑)

ダンナが落札したストラップ作ってる人のヤフオクサイト
です。

ケンヤさんにお伝え下さいませませ。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/sei8065

ではでは。

2007/05/27 (Sun) 20:57 | ダンナ #- | URL | 編集

●ダンナさんへ
愛、ですかね。
その愛の結晶「露出計」をしょっちゅう家や車に置き去りにしてしまうわたしってばダメですね(--;)

奥様のカンはすばらしくアタリだと思いますぅ。
カンであれだけ撮れるんなら、怖いもんなしですよ!

あ、サイト教えてくれてありがとうございまっす♪
この価格帯なら許せるので、早速伝えておきます(* ̄▽ ̄*)

2007/05/28 (Mon) 23:32 | こてこなママ #A1vz8dvw | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。