スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診断名「小腸腺癌」

こてつの検査結果を心配してくれていると思うので、ご報告します。


131222-2

小腸:小腸腺癌
胃:胃粘膜ポリープ


先週の内視鏡検査では、病理検査に出す組織を6ヶ所から採取したそうです。
下記所見の①から③が小腸、④から⑥が胃について書かれているようです。

組織所見:
小腸組織の③では粘膜上皮が腫瘍性に増殖しています。腫瘍細胞の異型性は軽度から中程度であり、核分裂像が散見されます。腫瘍細胞は絨毛先端部で乳頭状に増殖しており、配列が乱れています。本標本上、粘膜固有層や深部組織への浸潤性増殖は認められません。本標本上、脈管内浸潤は認められません。
①②に腫瘍性変化は認められません。粘膜固有層にリンパ球や形質細胞の浸潤が軽度から中度認められます。
胃④では粘膜上皮が乳頭状に増生する部位が認められます。粘膜上皮に明らかな異型性や配列の乱れは認められません。粘膜固有層にはリンパ球や形質細胞が比較的軽度に浸潤しています。
⑤⑥では胃小窩や胃腺が大型化しています。粘膜固有層には線維組織の増生が比較的軽度に認められ、リンパ球や形質細胞が少数浸潤しています。⑥には浅いびらんが認められます。

コメント:
小腸には粘膜上皮に由来する悪性腫瘍が認められます。送付範囲では浸潤性の所見は認められません。④の胃粘膜は粘膜上皮の増生病変です。現時点では明らかな悪性所見は認められませんが通常のポリープとは異なる所見ですので、小腸腺癌との関連性が気になります。以前に胃粘膜から小腸粘膜にまたがる粘膜上皮の腫瘍を経験したことがあります。また小腸のび漫性の腺癌は稀ですが生じることがあります。



という診断で、、、こてつは小腸腺癌と告げられました。
腺癌とは、腺組織から発生した癌で、一般的に抗がん剤治療は効かないと聞きます。

小腸からの3ヶ所の生検で、悪性腫瘍と認められたのは1ヶ所ですが(十二指腸より先の場所)、こてつの小腸は全体的に炎症が起きていて、上のコメントにはび漫性の腺癌は稀ですが生じる、と余計な事が書かれてます。

④が胃の幽門あたりの腫瘤の所見で、悪性所見は今回認められなかったとあってホッとしたいのに、小腸とまたがる腫瘍を経験したことがあるとか、またまた余計な事書いてるしー。

こういう所見を見るたびに、なんでわたしは医師や看護師の知識がないんだろうと思ってしまいます。
理解や的確な判断がつかないのは、こてこなの命に責任をもつ身としてもどかしいったらありません。


131222-1

昨日は、どうするかをE先生と話し合ったのですが、まだ結論は出ません。

まったくの素人考えとしては、通過障害の原因となる胃のポリープと、小腸③番あたりの腸管切除はどうなんだろうと思うのですが、、、そう簡単なものではないようです。

現在、まったく食べないわけではない、下痢、出血があるわけではないので、年末年始の病院が手薄な時期は避けて、手術するにしても年明けで考えましょう、というE先生の見解でした。

でも、かなり食べさせるのが大変なので、早く胃のポリープを取る事で食欲が出るならば、早く手術して取りたいんだけどなぁ。。。
日が経つ間に、栄養不足で体力がどんどん落ちてしまうのが心配です。


今週は、肝臓のお薬2種、膵炎の薬1種、胃薬1種、そしてバキソという消炎鎮痛薬を服用しています。

バキソの説明(ペットのお薬ノートより)
・オキシカム系の非ステロイド系消炎鎮痛薬である。
・安全域が狭いため、消炎、鎮痛目的でつかわれることは少なく、抗腫瘍薬として用いられることの方が多い。
・COX-2がもつ悪性腫瘍のアポトーシス抑制、血管新生促進、局所免疫機能低下などの効果を抑制することで、抗腫瘍効果を発揮すると考えられている。


シクロフォスファミドを服用するメトロノーム療法も提案されましたが、ただでさえこてつは絶対薬を飲まないぞと意固地になるので、シクロフォスファミドを安全に飲ませる自信が・・・


正直、こてつが癌だなんて、まだ実感があまりありません。
ふたりとも癌になるなんて、なんでかな、うちのご飯や環境がいけないのかな。

でも、けじめやケリをつけるのが苦手なわたしだから(だからブログもだらだら続けているし、退職手続きするのも面倒で入社以来25年)、こてつとこなつとの最後もイメージできません。
こなつの時も、病理診断が間違ってるんじゃない、なんて言っていて、今もこてつの病理診断も間違いだよーって言ってます。


131222-3

写真は、昨日のボール遊び中のこてちゃん。
いい笑顔を見せてくれました。

あ、ケンヤちゃんが「これ暖かいからえーぞー♪」と、こなつのももひきを着せてしまっています。
ぶかぶかだってば。
でもこてつが着てると、ももひきっぽくはないから不思議(笑)
こてつサイズも買ってあげなきゃね。


131222-4

こてつ、いつまでもボール遊びしようね。


リンパ腫よりも断然情報が少ない小腸腺癌という病気。
情報やアドバイスがあったら教えていただけると助かります。
あ、コメやメールのお返事もなかなか返せていないこと、ごめんなさい。



   にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/22 (Sun) 21:48 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/23 (Mon) 03:02 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/23 (Mon) 10:17 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/23 (Mon) 11:36 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/23 (Mon) 16:00 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。